服 断捨離

そもそも断捨離とは?

断捨離とはヨーガの行法で「断業」「捨行」「離行」が語源になっています。
ヨーガが語源と聞くと意外な感じがする人も多いかもしれません。

 

池に浮かぶ蓮の花

 

  • 「断業」とは、入ってくるいらない物を断つ
  • 「捨業」とは、家にずっとあるいらない物を捨てる
  • 「離業」とは、物への執着から離れる

 

簡単に言うと、不要な物を減らして生活に調和をもたらそうという思想が「断捨離」の本来の意味なのです。

 

 

断捨離ブームからミニマリストブームへ

 

日本で断捨離ブームが起きたのは2010年頃ですが、当時は数多くの断捨離本が出版されました。
その後、数年経って断捨離ブームが少し落ち着いた2015年頃から、「ミニマリスト」という言葉や、物を減らしたミニマルな暮らしをしている方々が注目されるようになりました。

 

布団と数枚の服、下着だけしか持っていない。そんな断捨離の行き過ぎのような方々を時々テレビで見かけたりしますよね?

 

それだけ極端に物が少ないと生活に支障が出そうな気がしますが、本人は「物がある」方がストレスを感じてしまうそうです。

 

ただ、断捨離で不要なモノやいらない服は減らしたいけど、ミニマリストまで行くのはちょっと.....と思っている人も結構多いと思います。

 

 

断捨離は快感になる

 

私も本のタイトルは忘れましたが、2010年に断捨離の本を読み、いわゆる”断捨離ハイ”を経験しました。

 

断捨離も行き過ぎると、とにかく捨てるのが快感になるんです。

 

はじめは、部屋がスッキリして気持ちが良い。心まで軽くなったような気がします。

 

その心地良さを感じたくて毎日、毎日捨てる物を探して部屋中を歩き回ってました。
あの服もいらない、この服もいらない。その洋服も捨てちゃおう。もっと捨てる物はないかしら?仕事から帰ると毎日その繰り返しでした。

 

そうして、気が付くと洋服タンスひとつ分を空にしてしまいました。

 

 

東日本大震災の時に後悔、そしてリバウンド

 

そして、忘れもしない2011年3月の東日本大震災が起きた時に、後悔しました。
寒い時期だったので、暖かい下着や洋服を着たいのにも関わらず、服の断捨離をした結果全部捨ててしまっていたからです。

 

停電時のろうそくの灯り

 

停電と断水で洗濯もできないので余分な着替えが多く必要になった時に、はじめて洋服タンスの前で後悔しました。
被災した友人に渡せる洋服もなかったので悔しい思いをしました。

 

そこから、断捨離のリバウンドが始まり買わなくてもいい洋服や、必要かもしれない、着るかもしれないと思った服をどんどん買い漁り、いつの間にか服が部屋を占領し始めていきました。

 

そして、そのリバウンドの結果、私の部屋よりも広い部屋に服が溢れるようになってしまいました。

 

 

服の断捨離を行うとどんな良いこと、メリットがある?

 

以前、自分の家賃の中で生活スペースに払っているお金と、置かれている荷物に払っているお金を比べて、荷物にお金を多く払うのは勿体ないという片付けのテレビ番組を見た事がありました。

 

実際、私は実家暮らしなので家賃は発生していませんが、自分の部屋よりも広い部屋にたくさんの服が溢れているのは理不尽な気がしていました。

 

当時の服の量は、だいたいの量で言うと八畳間の半分は洋服が占めているという感じでした。
洋服タンスも増え、ハンガーラックを買い足して、半透明の衣装ケースもたくさん買いました。

 

私の場合ですが、その八畳間が服に占領されていることに理不尽さを感じたんです。
自分の部屋はその部屋より狭い六畳の部屋。これってやっぱりおかしいのでは?と。

 

自分で買って増やした服なのに、それらの服のせいで逆にイライラするようになったんですよね。

 

 

物に占領されている不快感が断捨離のスタート

 

「服をたくさん持っている」という所有感より「物に占領されている不快感」の方が大きくなった時に断捨離をはじめました。

 

私の重い腰が上がった瞬間です。

 

断捨離をして良かったと思えることは、まず第一に広い部屋で生活できることです。
ハンガーラックや大量のハンガー、衣装ケースは洋服と一緒に処分しました。

 

他にも断捨離のメリットはたくさんありました。

 

  • 自分の持っているすべての服を把握できる
  • 把握しているので、買い足す時に考えるのが楽
  • 毎朝、服を選ぶ時間に困らない
  • 着回しが上手くなる
  • 自分に必要な洋服をじっくり選ぶようになる(衝動買いをしない)

 

女性は、着る服に迷っている時間って結構多いんですよね。衝動買いもついしてしまう。
でも断捨離をすれば、この悩みから解放されるなんて信じられないのではないでしょうか?

 

 

服の断捨離の仕方やコツ、断捨離を行う基準は?

 

近藤麻理恵さんの著書「人生がときめく片付けの魔法」はご存知の方も多いと思います。
通称こんまり先生の片付け術は以前何度もテレビ番組に取り上げられていました。

 

人生がときめく片づけの魔法(近藤麻理恵著)

 

断捨離と基本的には変わらないのですが、こんまり先生の場合は「ときめく」か「ときめかない」で物を捨てる判断をするんです。

 

一度、持っている服を全部出して一枚づつ胸に抱きながら「ときめく」なら捨てない。
「ときめかない」なら捨てる。という方法です。

 

 

テンションが上がるかどうか?が判断基準

 

私の場合なんですが、こんまり先生のいう「ときめき」という意味がイマイチ理解出来ず、自分なりに解釈を変えてやってみたんです。

 

「この服を着てテンションが上がるか」
「これを持っていたら気持ちが萎えるか」

 

という発想の転換をしました。

 

それと、一度に大量の服を集めて断捨離するというのもやる気が途切れそうな気がして、これも自分でアレンジしてみました。

 

洋服タンスの引き出しひとつ分、衣装ケースひとつ分と場所を区切りました。
そうすると自然に時間も1時間でやめるという区切りが出来るので”断捨離ハイ”にはなりませんでした。

 

 

今の自分に必要かどうか?を問いかける

 

断捨離の基準は「今の自分に必要ない物は捨てる(手放す)」事だと私は思っています。
私の場合ですが、体重の変化が激しくて7号(S)から13号(3L)までの服が溜まっていました。

 

スーツにドレス、カジュアル服、古着、ハイブランドの洋服、コスプレの衣装など個性のかたまりのような洋服たちです。

 

現在の体型は11号(L〜LL)。そうなると必然的にいらないサイズの洋服が一発で探せます。また、コスプレの趣味もなくなったので不要ですし、古着に限っては迷わず捨てられます。

 

 

流行遅れの服はどうするか?

 

流行は10年周期で回るから、また着られると長年とっておいたトレンチコートや友達の披露宴に一度着て行っただけのドレス、オーダーメイドで作ってもらったワンピース。バブル期を思わせるボディコン服。

 

すべて、もう流行遅れになっていました。
同じアイテムや同じ柄が流行したからと言ってもカタチは変わっているので一目で「古い」と分かります。

 

服を断捨離する際の大雑把な基準は、

 

「今の自分」には不要だと思える服は捨てましょう

 

です。

 

 

服の断捨離がなかなかできない場合はどう工夫すればいい?

 

そうは言っても重い腰が上がらない。やる気が出ない。
そんな方も多いと思います。

 

実は私もそうでした。リバウンドしない断捨離を実践するまでには数年かかっています。

 

  • せっかく買ったのにもったいない→すごく分かります!
  • いつか着ようと思っているから→ものすごく分かります!
  • リメイクして着ようかと思って→これもわかります!

 

私もそうして溜め込みました。

 

でも、思い返してみて下さい。

 

  • その服を一度は着て外出しましたか?
  • その服を最後に着たのはいつですか?
  • リメイクしようと思いながら、もう一年以上経っていませんか?

 

思い当たる節があれば、その服は断捨離候補です。

 

 

服の断捨離を始めて気付いたこと

 

そして断捨離をはじめて気が付いたことがあります。
同じ色、同じテイストの服の多さと、買ったことすら覚えていない服がとても多い事に。

 

バーゲンセールの期間中に興奮して買ってしまったんだろうという洋服。
タイムセールで半額という言葉につられて買ってしまった洋服。
大量買いしてしまったがために買った服を把握しておらず、次のセール会場でまた買っている似たような服。

 

思い当たる節はありませんか?
私は、服の断捨離を行って以降、そういった耳に心地よいセールの言葉につられなくなりました。
赤い札が貼ってあるからと理由でも買いません。

 

 

それでもなお、捨てるのはもったいないと思っている方へ

 

ハイブランドの洋服はいつかのボーナスで買った思い出の品かもしれないですよね。

 

写真で残すというのも手ですよ。しまいこんでいると洋服だって傷んでしまいます。
収納方法を変えてみるのも効果的です。ハンガーに吊るしてある洋服を畳む収納に変えるだけで収納スペースは広がります。

 

思い切って売ってしまうのも良いと思います。
私はリサイクルショップをよく利用していてゴミにするには勿体ない洋服は買い取ってもらっています。換金の額は期待できないですが。

 

フリマアプリやネットオークションで売って、誰かに着てもらうというのも良いですね。
以前はよく服を出品していましたが、送る手間や質問に答えるのが面倒だったのと、売れるまで結局は部屋を占領されているので、最近は手っ取り早くリサイクルショップに持参して処分しています。

 

フリーマーケットに出店するというのもいいですよ。
私は何度か経験していますが、対面で販売できるのでコミュニケーションも取れますし気に入ってくれた人が買ってくれるので嬉しいし、お金になります。
と、いっても都合よくフリーマーケットが開かれていることは少ないですね。

 

ブランド品専門の買取店も利用した事がありますが、販売後一年以上経った洋服に高値はつきませんでした。リサイクルショップによっては出張買い取りサービスを実地しているところもあります。

 

お金に換えられる+誰かが着てくれる

 

これが服を断捨離する際の、一番の落としどころのような気がします。
そういった意味では、リサイクルショップの出張買取よりも手軽な洋服の宅配買取などを利用するのもオススメです。

 

参考:洋服売るならどこが一番おすすめ?〜いらない服を簡単に売る方法

 

 

それでも捨てたくない、譲りたくないという方へ

 

一度、部屋のディスプレイに使ってみてはいかがでしょうか?
私は、若い頃にオーダーメイドで作ってもらったワンピースがとても気に入っていて
捨てるつもりはありませんでした。

 

サイズが合わなくなって、自分の年齢にも合わなくなってきた時に、部屋のディスプレイに使いました。
毎日眺めていられますしタンスにしまっているより有効な使い方のつもりでした。

 

ある時、そのワンピースを見た友人が「着てみたい」というのでそのまま譲りました。
そのワンピースが私から離れるまで、十分に役目を果たしてくれたように感じています。

 

それ以降、私の周りの友人知人から「その服、飽きたらください」とか「その服は捨てる前にください」と言われるようになりまして、気に入ってくれる人に手放せる喜びもあって早めに譲るようにしています。

 

自分の手元から離れる時、少しでも自分も嬉しくいたい。
ゴミ袋に入れるのが嫌ならそういうコミュニティ作りをするのもいいかもしれませんね。
そんなカタチの断捨離もあります。

 

 

まとめ

 

もったいない、いつか着る、いつか使う。そんな服に部屋を占領されていませんか?
その部屋の居心地は良いですか?

 

服の断捨離には、「やる気」、「元気」、「時間」が必要です。

 

居心地の悪さを感じながらも、元気が出なくて断捨離出来ずにいる人も多いでしょう。
断捨離をした結果、着る服ががなくなってしまうのは困ると不安に感じている方も多いでしょう。

 

なので、自分が「私には断捨離が必要だ」「断捨離する元気が出た」そう感じた時にはじめるのがベストだと思っています。

 

捨てるぞと決めなくても、整理整頓しているうちにいつの間にか断捨離していることもありますし。
今の自分に必要ではない物が明日の自分が必要に感じることはないのですから。

 

ただ、やり過ぎにはご注意ください。

 

捨てられなくて挫折しても挫ける必要はないです。今はまだ服に囲まれていたいんだと思いましょう。

 

楽しく、自然に服の断捨離ができる時まで待てばいいだけです。
それもまた「調和」ですから。

 

 

 

 

服の断捨離ガイド|断捨離の基準とコツ・いらない服を売る方法 TOPへ